「音」楽に「専」らのめりこみ「満」足と「充」実を多視点から伝えるブログ
 
M-1グランプリ2004
M-1グランプリ2004完全版

レヴェルが高かったんじゃないですかねー、04年。千鳥とトータルテンボスが面白かった!千鳥は本当にあたしのツボでした。最初のつかみからしてイイ感じ。トータルテンボスは、昔、一番最初にネタ見た時に「なんじゃこりゃ」と思ったのですが、去年辺りからネタに色々と工夫が見えて面白いと思います。ちゅうかこの2人御殿場の人らしいよ、頑張って!(地元贔屓)

東京ダイナマイトも大好きなんで、楽しみにしてたんですけれども、、、なんじゃあれ!東京ダイナマイトはあんなもんじゃない!このDVDを見て「わ、東京ダイナマイトつまんね」なんて思わないで下さい。いつもはもっと素敵です。

あ、言い忘れてましたけど笑い飯と麒麟とタカトシが面白いのはいつものことです。あんまりタカトシのネタのオチが好きじゃないけど。他の2組は文句無しです。ていうかラサール氏の「ネタを1本の中で2本やっちゃったのが駄目」みたいなコメントに対しての西田さんの「ネタを2本でなく3本やったら良かった」みたいなコメントに拍手を送りたいです。やっぱ西田さん好きだわー。ていうか漫才で1本のネタの中に2つのテーマを入れるのってフツーじゃないですか?ていうかラサール氏は千鳥の時「ずっと同じネタで引っ張ってた」的なこと言ってませんでした?ん?

ポイズンは「ああここ笑いどころだよな」と思うんですけれども、全然あたしのツボに来ないんですよね。ううむ。でもツボる人にはたまんないんだろうな、つぶつぶ中日とか。

アンタッチャブルはネタ2本とも山崎さんが出張ったネタだったから、柴田さんのツッコミが面白さの鍵だと思っている私はあんまりピンと来ませんでした。勢いで優勝したって感じがしたな。

それにしてもやっぱりあたしは麒麟が大好きです。ネタもどっちも見たことあるネタだったけど、ネタの中身が前よりも洗練されてて。癒しの空間のネタなんて最低でも5回は見てるもん。でも見る度に進化してるもんねネタが。凄く良かった。ネタ2本凄く楽しめた。この2人って微笑ましいですよね。あー、お互いの事好きなんだなぁってコンビ愛を感じましたよ。頑張れ俺達。
【2005.11.26 Saturday 18:53】 author : sayako oki
| 御笑ひ | - | - |
 
著者近況
▼ようこそいらっしゃいました! こちらはフリーランス音楽ライター沖さやこによる個人ブログです。熱量を大事にしながら、嘘をつかずに文章を綴っています▼「本音で語る音楽人」をテーマに掲げた音楽系ウェブマガジン「ONE TONGUE MAGAZINE(ワンタンマガジン)」を運営しています。自主制作なのでお金は絡んでません▼書くお仕事頂けたらとても嬉しいです。詳細はプロフィールをご覧くださいませ

【動作確認】
・Google Chrome

LINE@

管理者ページ



携帯電話閲覧
推薦作品
推薦作品
スペースシャワー列伝~宴~
スペースシャワー列伝~宴~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, MO’SOME TONEBENDER, NAHT, 怒髪天, fOUL, キセル, YOGURT-pooh
 
【エレキのグルー】にしびれていいかい
 
推薦作品
 (JUGEMレビュー »)

テンションだだ上がり
 
推薦作品