「音」楽に「専」らのめりこみ「満」足と「充」実を多視点から伝えるブログ
 
DI:GA onlineさんでレポートを書きました
空想委員会『デフォルメの青写真』リリース記念ワンマン、ライブレポート!自信みなぎるライブの熱量から、6月1日スタートのツアーへの期待は高まるばかり!
http://www.diskgarage.com/digaonline/liverepo/38668

DI:GA onlineさんにて空想委員会の『デフォルメの青写真』リリース記念ワンマンのレポートを書きました。実はこのライヴはレポートで行ったわけではなくて、普通に観に行っただけでした。終演後にメンバーに挨拶をしたとき、委員長から「今日はレポートはあるんですか?」と訊かれ、「今日は頼まれていないんですよ」と返すと、「まじかー!」とみなさん残念がってくださって、うれしい気持ちと申し訳ない気持ちとの両方でした。

読者さんからも「レポートたのしみです」というコメントをいただいたりもしたし、おまけにすごくいいライヴだったので、これはブログかワンタンマガジンのコラムか何かしら文章に残したいな〜と思っていて。そんなところに、レーベルさんから「DI:GA onlineさんでレポートを書いていただけないだろうか」という打診がありました。うれしい!! でもレポートで行ったわけではなかったため何もメモってなかったから、メンバーがどこで何をしたとか、メンバーがどこで何を喋ったかが正確にわからない!!! その旨をご相談すると、特別に定点映像をお借りすることになりました。ちなみに普通のレポートではそんなことしませんよ。ちょっと反則技だと後ろめたさを感じつつ……。

わたしはいつもメモに、どの曲でどういうことを感じたかを細かく書いて、そのメモを参考にしてセトリに合わせて音源を聴いて当時の気持ちを呼び起こして文章に落とし込むので、このレポートに関しては完全に余韻のなかで書いていく作業でした。初めてお仕事させていただく媒体さんで初めてのことに挑戦するのは不安もあったんだけど、結果的には(映像のおかげもあり)自分の伝えたいことも90%は落とし込めたかなと思います。



空想委員会は「楽しい」の一歩先の感動を作れるバンドになってきています。もともと「エリクサー中毒患者」とか、ああいうミディアムナンバーでめちゃめちゃエモくなるタイプのバンドだから、最近のスタイルはバンドの本質的な部分が明るみになっているのかなとも思います。本編を『デフォルメの青写真』の曲のみにして、おまけに曲順はアルバムとは違うもの、という時点でかなりクリエイティヴなのに、それに加えて音楽を主役にして演奏でもって魅せるステージ展開というところも高ポイントです。

ディスるわけじゃないんだけど、最近はここで手拍子煽ってとか、ここでお客さんに声を出させてとか、ここで人を感動させるようなMCをして〜……みたいに、演出だけがうまいバンドが増えてるのがつまらないなあと思っていて。もちろん演出は大事なんですけど、演出に頼り切って演奏の熱量が疎かなライヴは面白くないなと、これまでいろいろライヴを観てきて思います。

空想委員会が自分たちの本質をステージへ投影できたのは、『デフォルメの青写真』というアルバムを作ったから、『デフォルメの青写真』の曲たちだから、という理由もあるのかなと思いました。それだけ大きなアルバムだと思う。あのアルバムの曲は、3人にとって全曲が自分の曲にちゃんとなってると思うんですよ。全曲が空想委員会の曲であり、三浦隆一の曲であり、佐々木直也の曲であり、岡田典之の曲である。それってロックバンドにとって大事なことだと思うんですよね。

セットリストの曲数は普段よりも少ないとはいえ、ちゃんとすべてに意志が通っていたので、いままで観た空想委員会のライヴのなかでわたしはいちばん満足度が高かったなあ。こんなライヴできるバンドになったんだな!! という感慨深さもあったと思います(偉そうですみません)(謎の親目線)(良くも悪くも恋する乙女要素が皆無)(どうしてもおかん)(もしくはヒーローに憧れる童貞男子)。

「空想ディスコ」をやらなかったところは必殺技に頼らなくてもいいライヴ見せてやるぜ! という気合いが感じられて、かっこいいじゃないか〜と思いました。「スタートシグナル」でギターを一心不乱にかき鳴らして、メガネを落としても集中力を切らすことなく演奏しきった委員長はめちゃくちゃかっこよかったし、最後に「メガネメガネ」な感じでメガネを探す姿も可愛らしかった笑



委員長は普段とてもクールなので、わたしが話しかけても結構素っ気なかったりするんです。あんまり目も合わせてくれない気がする笑 だからいままで文章を褒めてもらったこととかもないんですけど、この記事を拡散してくださったときのツイートを見て、ああこんなふうに思ってくださっていたんだなあと驚いたし、とてもうれしかったです。大事なバンドが増えていけばいくほど、どんどん手一杯になっちゃってる自分を責める日々ですが、委員長からわたしが無意識のうちにしていたことを、いいところだと教えていただいたような気がしました。

あと、DI:GA onlineさんで書けたことは、本当に本当にうれしいんですよね! 冊子のDI:GAは10代の頃から帰りの電車のお友達だったし、onlineのほうも文字サイズや写真が大きめで読みやすいし、ライターさんのカラーが出た記事が多い(おまけにネットでよくある感じの斬新な切り口風とかじゃなくて、古き良き商業誌的な落ち着いたアプローチなのがすごくいいなと思っていた)ので、いつか書ける日が来たらいいな……と思っていました。そんな機会をいただけたことも本当にうれしいしありがたいです。病的なまでに引っ込み思案のわたしが編集者さんに「また是非お仕事させていただけたらうれしいです!」とお手紙に書いちゃうくらい笑 本当にうれしいのです。

いまの空想委員会、超いい感じですよ。昔聴いていたひとも、名前は知っていて曲もちらほら知っているというひとも、いま彼らの表現に触れてみるのをおすすめします。ワンマンツアーは来月からスタートします。
【2017.05.24 Wednesday 01:47】 author : sayako oki
| 閑話/寫眞/取材記 | - | - |
 
著者近況
▼ようこそいらっしゃいました! こちらはフリーランス音楽ライター沖さやこによる個人ブログです。熱量を大事にしながら、嘘をつかずに文章を綴っています▼「本音で語る音楽人」をテーマに掲げた音楽系ウェブマガジン「ONE TONGUE MAGAZINE(ワンタンマガジン)」を運営しています。自主制作なのでお金は絡んでません▼書くお仕事頂けたらとても嬉しいです。詳細はプロフィールをご覧くださいませ

【動作確認】
・Google Chrome


管理者ページ



携帯電話閲覧
推薦作品
推薦作品
スペースシャワー列伝~宴~
スペースシャワー列伝~宴~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, MO’SOME TONEBENDER, NAHT, 怒髪天, fOUL, キセル, YOGURT-pooh
 
【エレキのグルー】にしびれていいかい
 
推薦作品
 (JUGEMレビュー »)

テンションだだ上がり
 
推薦作品