「音」楽に「専」らのめりこみ「満」足と「充」実を多視点から伝えるブログ
 
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組)

ええとあたしがおかしいんです。絶対あたしがおかしいんだと思います。あたし全然泣けなかったんです。驚くくらい。あたしのなけなしの感受性ー!応答せよー!

オカンが死んじゃったあとに、仕事が出来なくなっちゃったボクに若いオカンが話し掛ける内容は素敵だと思いました。
【2008.02.13 Wednesday 12:19】 author : sayako oki
| 映画/ドラマ | - | - |
『さくらん』
さくらん 特別版

面白かったー。映像の色は赤が基調なんだけど全然いやらしくないし、色がカラフルで見てて楽しい。個性が強い椎名林檎の曲も巧く溶け込んでるし。ラブシーンもサッパリしてて汚くないし、写真同様蜷川実花さんの性格がよく出てるかも!

結末も良かったな。好き同士が結ばれて。でも幸せが長く続かないっていうのがところどころに醸し出されてて、その辺が安っぽいハッピーエンドとは違って良いなぁと思いました。
【2008.02.13 Wednesday 12:14】 author : sayako oki
| 映画/ドラマ | - | - |
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(1枚組)

うーん、見所?えーと、ハリーのキスシーン?(え)

シリウスのシーンあっさりすぎじゃないかしら…。ハリーポッターってバトルに迫力が無いのが残念なんだよな。まぁアクション映画じゃないから仕方ないのかもしれないけど。
【2008.02.13 Wednesday 12:11】 author : sayako oki
| 映画/ドラマ | - | - |
『タイヨウのうた』
タイヨウのうた スタンダード・エディション

公開の頃から見たいなーと思っていたのですが、いやー、期待通り良かった!「え?それって法律的にやばくね?」と思うところもなんだかリアルで良かったです。

YUIちゃんが天音 薫のイメージにピッタリだし、YUIちゃんの演技が、演技です!って感じじゃなくて淡々としているところが逆に泣けてきました。彼女以外の天音 薫は認めたくないなぁと思った。塚本くんとのコンビも良かったです。彼は本当に色んな役が出来ますね。

とにかくこの映画、泣かせるつもりで作ってない感じが逆にすっごいジーンと来ました。気になってる人は見た方が良いと思います。YUIちゃんのブログが人気がある理由が分かるわー。
【2007.04.15 Sunday 12:10】 author : sayako oki
| 映画/ドラマ | - | - |
『姑獲鳥の夏』
姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション

うーん・・・。これキツいなぁ(え)。予告編では面白そうだったので期待していたのだけど、なんか縮めすぎなのか何なのか知らないけれど、なんか見る側をあまり意識していない作品のような。。原作は面白いのかもしれないけれど、映画では分からないなぁ。あと、原田さんの豹変振りが分かり難いし、いろんなところ省いているわりにはダラダラ続くし、なんか演出も異様に斜めが多くて鬱陶しいし、金田一少年の事件簿の方が面白いよー、と、思ってしまった。
【2007.03.14 Wednesday 18:25】 author : sayako oki
| 映画/ドラマ | - | - |
『弁護士のくず』
弁護士のくず DVD-BOX

ここ最近のドラマで心から好きなドラマは『Dr.コトー診療所』、そしてこの『弁護士のくず』です。最高。マジでDVDBOX欲しい。どうしよう、頑張って買っちゃおうかしら・・・!(あなた貯金はどうするつもりですか)

下ネタも突き抜け具合に思わず笑ってしまうし、ドラマということを意識した台詞回しも話のテンポも逸品、そんでもって話の終盤には必ずホロッとくるシーンが入ってくるもんだからもうニクい。ニクいぜ。ニクすぎるぜ。そういうのに弱いんだぜ。トヨエツもイイんですけど、伊藤英明氏も好演しております。あと高島礼子さんもハマってるし、凄くソフトで恰好良い女弁護士を演じてらっしゃる。私は母親に勧められ、リアルタイムでは7話から見始めたんですが(余談:あんまり弁護士のくずを「面白いよ!見なさい!」と云ってすすめる50代の母親も居ないと思うけど私はそんな母を持って幸せです)、第1話からいきなり面白いです。

キャラの立ち具合は原作が漫画だからというのもあるんでしょうけどトヨエツの演技の幅の広さを思い知らされた気がしました。やっぱ関西人なんですかね。女の子のケツを叩いたり乳をもんだり自分の股間を揉んだり鼻糞をほじったり「そこまでやるかー!」と思うことをスコーンとやってくれちゃいます。北村さんも可愛らしいし、ほしのあきちゃんはほしのあきちゃんらしくてハマってるし、1話完結型なのでそのテンポも良いし。だけど毎回着ぐるみが出てくるし、毎回九頭先生はカップラーメンを食べてるし、着メロの鳴き声は毎回変わるし、小細工が効いてるところもまたニクい。

・・・というか私長く書きすぎですよね、すいません。それだけ好きですこのドラマ。大好きです。DVD-BOX欲しいなぁ。誰か買tt
【2007.01.30 Tuesday 17:07】 author : sayako oki
| 映画/ドラマ | - | - |
『笑の大学』
笑の大学 スタンダード・エディション

コメディー・・・ではないよなぁ。私は、何があっても出来上がった台本が上演されて終わるものだと最初から思い込んでいたから、何度も何度も頭を下げる椿さん(稲垣さんのやっている役)を見てしんみりきてしまいました。深いですな〜・・・。喜劇作家の心の中に少し近づけるような、そんな内容です。時代背景もいいスパイスで随所に効いています。やっぱり三谷幸喜さんって凄いですね。あ、あと、それにしても本当にお金が掛かってない映画だなと思いました(浪漫ぶち壊し)。
【2007.01.30 Tuesday 16:37】 author : sayako oki
| 映画/ドラマ | - | - |
『スペインからの手紙』
No Image

15年位前の映画なのかな・・・?何となく見ていたんですが思いのほか良い映画でした。ただ、緒方直人と原田知世が恋仲になるっていうのはなんか安っぽいような気がしました。これはやっぱりあくまで20歳年齢の離れた兄弟の、親子愛のような兄弟愛っていうものがテーマになっていると思うから、そういう中途半端な色恋は要らんと思うわけです。

子供同士の国境を越えた友情とか、弟を思いやるお兄ちゃんとか、離れ離れになるのを必死で耐えるところとか、ジーンと来ました。松金よね子さんも良かったー。「弱い者が天下を取る時代に」というメッセージに共感は出来ないけれど、良い映画だったと思います。
【2007.01.30 Tuesday 16:20】 author : sayako oki
| 映画/ドラマ | - | - |
『じゃりン子チエ劇場版』
じゃりン子チエ 劇場版

何年振りに見ただろう・・・!!物心付いた頃からじゃリン子チエは私の傍にあったから、本当に懐かしかった。豊中のこととか、父親のこととか思い出します。子供の頃は年越しは必ず豊中だったからこの時期にこの映画を見て豊中(というか大阪という土地)が恋しくなりました。

私が子供の頃にはしっかりと分からなかったことが、大人に成った今見るとよく分かります。チエが電車で唄うシーンは切な過ぎる。あと、昔から大好きだった小鉄とジュニアの対決のシーンは号泣でした。小鉄恰好良すぎる。本当にチエは良い子ですわ。私も見習わんと。

子供ながらに声優陣が豪華なのは分かっていたつもりですが、今改めて見ると本当に凄いな・・・!!役名の無いテツの友人の声がオール阪神巨人なんて贅沢過ぎる。マサルの声が島田紳助氏ってのもハマりすぎ。というかどのキャラの声も本当にすっごいハマってるよなぁ。

子供の頃によく見ていた(読んでいた)作品というのは心に深く根付いているのだなぁ、と痛感しました。DVD見た後に思わず漫画読み耽っちゃいました。漫画には当時の私(3歳〜幼稚園頃)でも読めるように、母と父が難しい漢字には振り仮名を振ってくれていました(※私はドラえもんとチエとドラゴンボールの漫画で字を覚えました)。そんなのを見てまたまた懐かしくなった。やっぱじゃリン子チエ良いわー。
【2006.12.18 Monday 18:19】 author : sayako oki
| 映画/ドラマ | - | - |
『かもめ食堂』
かもめ食堂

主演女優3人が好きなので見ました。あたたかい空気が流れる映画です。もたいさん最高。主人公と同じような仕事をしているので、どうやってこんなに沢山お客さんが居てさっさか料理を作れるのか?とか、こんなにお客さん居なくてどうやって生活しているのかしら?とか、余計な事を考えてしまう自分に腹が立ちましたが、ロケ地がフィンランドっちゅうのがイイですね、ほんわかした作品にピリッとした空気が漂っていて、それが良かった。3人がどういう経緯でフィンランドに来たかは明かされないままに終わりましたが、それでいいのかもしれない。
【2006.12.06 Wednesday 22:17】 author : sayako oki
| 映画/ドラマ | - | - |
 
著者近況
▼ようこそいらっしゃいました! こちらはフリーランス音楽ライター沖さやこによる個人ブログです。熱量を大事にしながら、嘘をつかずに文章を綴っています▼「本音で語る音楽人」をテーマに掲げた音楽系ウェブマガジン「ONE TONGUE MAGAZINE(ワンタンマガジン)」を運営しています。自主制作なのでお金は絡んでません▼書くお仕事頂けたらとても嬉しいです。詳細はプロフィールをご覧くださいませ

【動作確認】
・Google Chrome


管理者ページ



携帯電話閲覧
推薦作品
推薦作品
スペースシャワー列伝~宴~
スペースシャワー列伝~宴~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, MO’SOME TONEBENDER, NAHT, 怒髪天, fOUL, キセル, YOGURT-pooh
 
【エレキのグルー】にしびれていいかい
 
推薦作品
 (JUGEMレビュー »)

テンションだだ上がり
 
推薦作品