「音」楽に「専」らのめりこみ「満」足と「充」実を多視点から伝えるブログ
 
WOMCADOLE『今宵零時、その方角へ』インタビュー
スクリームさんにて、WOMCADOLEの1stフルアルバム『今宵零時、その方角へ』のインタヴューを担当しました。
http://skream.jp/interview/2018/03/womcadole.php

WOMCADOLEのインタヴューは2回目。初対面は『今宵零時〜』にも収録されているシングル『アオキハルヘ』のインタヴューでした(厳密に言うと樋口さんとはその前に一度対面しているんだけど)。もしよろしければこちらも読んでね。

WOMCADOLEについてはワンタンマガジンでも2017年ベストアーティストとして取り上げていて、こちらの本文中にはわたしが思う彼らの秀でているところを列挙しております(さっき読み返してみたけどなかなかいいテキストだった←自画自賛)。2017年、彼らは2010年代後期のギター・ロックのセオリーやカテゴリーから脱し、オリジナリティへの第一歩を踏み出しました。『今宵零時、その方角へ』では、現段階でのそれが高い温度で封じ込められていると思います。

ひとりのフロントマンが圧倒的なカリスマで、あとのメンバーはそれについていく――そういうスタイルのバンドも多いかと思います。だけどわたしはなんせ中学時代にBLANKEY JET CITYとTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTで育った世代なので、メンバーの個性やキャラクターがぶつかり合うことでひとつのものを作り上げる、互いの個性が互いを高め合うバンドに魅力を感じてしまいます。思い起こせばThe BeatlesやThe Rolling Stonesだってそうじゃないですか。昔もいまも、第一線でロックやロックンロールをやっているバンドって、そういうバンドだと思うんです。

『今宵零時、その方角へ』はいままで以上にメンバーそれぞれの異なる個性が強く出たものでした。だからこそこのアルバムでは、みんながみんな自分の得意分野や好きな音を伸ばすことができていて、「あいつやるやん、俺も負けてられへんわ」って、全員が思えたんじゃないかな。4人の音像のうごめきが格段に上がっている。まじでONE PIECEみたいなやつらです。

樋口さんが全曲解説をするだろうなと思ったので、曲そのものを掘るのはそちらに任せて、わたしはインタヴューで「彼らは『今宵零時、その方角へ』をどんなアルバムにしたかったのか」を具体的に探っていきました。というわけでこのブログではちょっとソングライティング面について思うことを書いておきます。

今作の楽曲はこれまでとは違い、彼そのものが主人公になった楽曲ばかりではありません。だがその主人公、かなり彼と性質は近い。アルバム13曲を通して綴られているのは、愛を欲し、愛に飢えた男の人生のひとかけら。愛を求めて夜の街を彷徨うも、なかなか愛する人にも出会えず、愛したい人が現れたとしてもその想いは届かず、ある女からは「つまらない5番目の男」と言い放たれ、なにかやらかして逃げている最中、とある店に迷い込んで59630円もぼったくられ、踏んだり蹴ったりです。虚無を抱えたその男は、少しずつ過去のことや、自分の内面を見つめ直します。それがアルバムの終盤、クライマックスとエンドロールです。ラストに控える【独白】【21g】【馬鹿なくせして】の3曲が進むごとに、主人公のなかに潜んでいた樋口侑希の心の声が表に溢れだしてきます。

わたしが彼と会話をしたのはこれまで2、3回だけど、彼の作る音楽や歌を聴き、彼の綴る言葉を読んでいてつくづく思うのは、彼が感性そのもので生きているということ、野性的で素直で純粋であるということです。それゆえに目の前に起こる物事によって瞬時にハッピーにもなるし、はたまた人生終わりだと思ってしまうほどの絶望を感じたりもする。ネガティヴなときもあれば、ポジティヴなときもある。【アオキハルヘ】に綴られていたようにただひとりの人を想い続けた強い気持ちもあれば、【頂戴】のようにコロッと“若い女のお色気誘惑”に負けることもあるのかもしれない。意識していないところでもいろいろ感じているくらい、感性が鋭い人だと思います。

彼の作る曲も言葉も声もいつも泣いているようなのは、そして“生きづらさ”を抱えているのは、その敏感さ、繊細さゆえだと思います。“涙”は喜怒哀楽すべての感情の沸点ですからね。ラスト3曲は特に彼の“陰”の部分が色濃い。暗闇のなかに迷い込んで、微かな光を見つけ出すために彷徨い、のたうち回る様が、ダイレクトに伝わってきます。ですがこの“生きづらさ”こそが彼を生かし、彼を音楽へと突き動かすのだろう、とも思います。そんな彼がバンドメンバーという仲間と出会い、彼らとともに音を鳴らし、人生を共にすることにより様々な気づきを得ている――どんなにロマンチックな映画よりも美しく、どんな少年漫画よりも青春じゃないですか。だからこそ「だれかの光になりたい」「迷っている子がいるなら、いま進もうとしている道を信じてほしい。俺でもできたから大丈夫だよ」という言葉にも説得力があるというものです。

樋口さんだけでなく古澤さんも安田さんも黒野さんも音楽に対して思考が吹っ飛ぶほど本気で体当たりして、その瞬間瞬間で湧き上がる喜怒哀楽を音へと落とし込むことができるプレイヤーだと思います。技術が向上することでその表現はさらに鮮やかに色づくでしょう。WOMCADOLEというモンスターは、さらにパワーを増幅させていくことは間違いありません。彼らはこれからもただただ前を向いて、過去を否定せず、過去を繰り返さず、いまの自分に嘘をつかず、過去を超える最高傑作を生み出すべく力を注ぎこんでいくんじゃないかなと思います。関西の端っこ、滋賀から生まれたスーパーロックバンド、まだまだおもんなりまっせ!

JUGEMテーマ:ROCK

【2018.03.19 Monday 19:02】 author : sayako oki
| 音樂(円盤) | - | - |
Brian the Sunにインタビューしました
Brian the Sunにインタヴューするのは何回目になるだろう。と思ったので数えてみました。5回目でした。現場でしかお会いしたことはないし、個人的なやりとりとかは一切ないけど、信頼関係は築けていると思っています。めいびー。

初取材は『彼女はゼロフィリア』のとき。みなさん初対面のわたしにも壁を作らず丁寧に接してくださって、会話の絶えない楽しい取材でした。真司さんはすごく人当たりがいいし、治輝さんはお喋り上手。駿汰さんはにこにこ楽しそうにみんなの話を聞いていて、良太さんはとても感性が豊かで、アートな人だなあと思ったことをいまでもよく覚えています。照れることなく「愛を歌いたい」と真っ直ぐ話していたのが印象的でした。

メジャーデビューが決まった去年の夏以降、良太さんのその感性がどんどん加速しているなあと思います。どんどん深くなってるし、どんどん自分の世界を広げているし、鋭くなっている。だからわたしはどうしても、彼の頭のなか、心のなかはどうなっているんだろう、彼はどんなことを見ているんだろう、どんな世界に住んでいるんだろう……ということが気になるのです。きっと彼にとってそれはとても厄介だと思います。彼自身自分のことながらわかってないこともきっとたくさんあるだろうし、言葉にできないからかたちにならない「音楽」をつくっているんだとも思う。

彼には誰も立ち入らせないラインがしっかりある気がするんですけど、わたしはそのラインを踏んでしまっているなあと思います。友達同士なら何度も会って時間をかけてその領域を解いていくんだろうけど、わたしはライターだから取材で与えられた限られた時間しかない。加えて音楽ライターという立場なら、音楽に関するヒントがあるものは探るのが指名だとも思っているため、どうしてもそのラインに触れなければいけない。

「言葉にできないからアート」「いちいち理由が必要なのか」という言い分もすごくわかるし、言葉にすると嘘くさいことってたくさんあるけれど、そういう感覚や感情をちゃんと言葉にできたとき、これまでにないくらい視界が開けるし、新しい気付きみたいなものもあるんですよね。それは言葉のパワーのひとつだと思っています。

記事にするためには、会話以上にいろいろ整理させないといけないから、根掘り葉掘り聞く必要があって……。良太さんにはいつも本当にごめんね〜という気持ち。それでもなんとか答えてくれようとしてくれる優しさに感謝を! そして良太さんとわたしのバチバチな会話を見守ってくれるお三人様も本当にありがとうございます〜。みんななんてやさしいんだ!!

そんな最新インタヴューがこちら!!!
http://skream.jp/interview/2016/08/brian_the_sun.php

編集部さんがわたしの言葉に結構手を入れてらっしゃるので、メンバー全員名字呼びになっていたり、言葉の語尾が変わっていたりして、なんだか自分の発言じゃないみたいだなと思ってるのは間違いなくわたしだけだと思うので、わたしにしかできないインタヴューになったんじゃないかな。彼らの音楽を愛する人に、彼らの音楽を深く味わいたい人に読んでいただきたいです。
【2016.08.30 Tuesday 00:22】 author : sayako oki
| 音樂(円盤) | - | - |
いぶのいぶいぶにいぶについて
cinema staffのニューアルバム『eve』いいよいいよ。ワンタンマガジンでレヴューかきました。最初聴いたときは「これインタヴューしてたらわたしいつも以上に感動が渋滞するどころか暴走して玉突き事故でぐちゃぐちゃになってたな」と思ったんですけど、何周もしてるうちにインタヴューしたくてたまらなくなりました。

今回のアルバムはシネマ史上最も垢抜けています。都会の音です。でも岐阜&犬山スピリットは核に大きくあります。だからすごく魅力的なのです。

初期衝動が作るものや、若者の感受性には勝てないとか言ったりするし、そういうところもあるかもしれないけど、それを「衰えるものだ」と諦めてしまうのは粋じゃないなと思うのです。手を抜かずにいろんな経験をちゃんと血肉にしたとき、若さだけでは出せない美しさがある。シネマの音楽もそれだなと思います。

辻さんのギターはどんどん色気増してるな〜と思うし、久野さんのドラムはもともと曲の情景を描くのがうまいけど、『eve』はそれだけでなくて久野さん自身の気持ちがちゃんと乗ってる気がする。飯田さんは綺麗な声が特徴だけど、「境界線」では吐き捨てるような感じで歌うとこめっちゃかっこよくて、音ともシンクロしてる。腹黒お兄さん感がヴォーカルにも……!! いいね!! 三島さんのベースも引くところは引く、出るところは出る、が、いままででいちばんあるような気がします。

ちなみにわたしが特に好きな曲は「境界線」と「somehow」です。「希望の残骸」と「overground」は言わずもがな。シネマはリード曲がいつも超いい。半分はいままで聴いたことある曲だけど、それでもアルバムとして楽しんで聴けるのは、きっとアルバムを見据えたうえでアルバム曲を作ったからなんだろうなとも思います。

ブルプリでああやって「こうなっていきたい」という青写真をおもいっきり吐き出せたから、こうやって新しいチャレンジができたんじゃないかな。だから新しい仲間を増やす、そういう余裕が生まれた作品だと思っています。ブルプリがあったから、お客さんとシネマの結束は強くなったと思うし。そういう着実に進んでいく感じがまた、いいんですよね〜。シネマは〜。

このアルバムは「YOUR SONG」で振り切ったことができたから作れたものだと思うし、このアルバムを完成させられたことで、きっとメンバーも大きな自信がついたのではと思います。インタヴューしてないから詳細はわからないけれど。いや〜、これはツアーに大期待。OOPARTS 2015以来シネマで泣いてないので、泣けるはずだと信じてやまない。

学生時代から聴き続けてるバンドだし、シンメトロニカとブルーと水平線はまじで名盤だと思ってるけど、学生時代よりいまのほうがシネマのこともっと好きだし、シネマはあのときよりも魅力的なバンドだと思う。

いままでシネマを聴いたことなかった人にも聴いてほしいアルバムです。

と、ただのファンみたいな(というかただのファンな)ブログを書いてしまった。やっぱり好きなバンドはわたしにとってヒーローなんですよね。ヒーローの前ではわたしはどうしたってヒーローに憧れる小学校5年生男子なのです。そういう気持ちにさせてくれるバンドがいるということは、本当に幸せなことです。とにかくあれだ、長々書いたけど言いたいことはひとつです。みんな『eve』聴こう。まじで。
【2016.05.16 Monday 22:09】 author : sayako oki
| 音樂(円盤) | - | - |
Lyu:Lyu 『ディストーテッド・アガペー』 インタヴュー
9月17日都内某所。Lyu:Lyuの皆さんにインタヴューいたしました。今回はコヤマさんの連載なさっていた同名小説にまつわる楽曲なので、よりコヤマさんにフォーカスを当てたインタヴューになっています。普段ならカットするであろうわたしの主観的な部分も残しておきました。なんだか、この曲にはそういうところが必要だと思って。

で、Lyu:Lyuの代表曲のひとつである「文学少年の憂鬱」とこの「ディストーテッド・アガペー」は6分19秒ということで、文学と小説だし、これは意図されたものなんじゃないか……!? とお聞きしてみるとなんとこれはまったくの偶然だったとのこと! コヤマさんいわく「僕のなかの気持ちのいい展開があるので、それにあてはめていくと同じくらいになるのかもしれない」と。いや〜、リンクされているのかと思いきやまさかすぎる偶然でした。

ディストーテッド・アガペーの世界、今までとは違う見せかたをするとのことで、かなり世界観がしっかりした素晴らしいライヴになる予感がします。詳しくは当日までのお楽しみ、ということでわたしもネタバレされていないので、あと1ヶ月ちょっと、待ちきれないです。すごく楽しみ。チケット発売中なので、是非皆さんもこの世界に足を踏み入れてください。痛みを知っている人の表現は、悲しいけれどすごく優しいのです。

記事はこちら
http://skream.jp/interview/2014/09/lyulyu.php


Lyu:Lyu “ディストーテッド・アガペー”(Official Music Video)
【2014.09.27 Saturday 12:12】 author : sayako oki
| 音樂(円盤) | - | - |
indigo la End 『瞳に映らない』 インタヴュー
8月18日都内某所。indigo la Endの川谷絵音さんにインタヴューいたしました。実はこの日、ゲスの極み乙女。の『魅力がすごいよ』についてもお伺いしたので、2時間ぶっ通しで絵音さんにインタヴューいたしました。お忙しいところお時間ありがとうございます。

インタヴュー前にご挨拶程度に談笑するのですが、「SMAPに楽曲提供って!」「あ、TVにご出演なさっているの拝見しました!」「アソビめっちゃCMで聴きます!」「猟奇的なキスとアラサーちゃん!」「インディゴもNHKですね!」などなど、絵音さんトピックが多すぎて笑 とめどない!

いろんなことを明け透けに話してくれる絵音さんは、基本的にステージ上とほとんど変わりません(インタヴュー中はステージ以上に内容が明け透けかもしれませんが、言葉のあたたかさや素直さは、ステージ上のほうが強いと思います)。mixiでメンバーを集めていたころの話や、この前久し振りにmixi開いたらすごい数の友達申請が来ていたとか、いつやめたっていいんだけど、たまーに限定公開のフォトアルバムを見返すから削除できないとおっしゃっていました。絵音さんはいつもしっかり、いままで歩んできた軌跡を大事にしているかたです。ひねくれものではありますが、根はすごく純粋なかただと思います。

スクリームさんのアカウントで公開された扇風機を抱いた写真は、完全なる絵音さんの思い付きで、おもむろに扇風機を抱いた絵音さんは「鼻に埃が入ってくる……」と抱いたことを後悔しているご様子でした笑 インタヴューも、いいものになったと思いますので、是非見ていただきたいです。



記事はこちら
http://skream.jp/interview/2014/09/indigo_la_end_3.php


indigo la End - 瞳に映らない
【2014.09.27 Saturday 11:55】 author : sayako oki
| 音樂(円盤) | - | - |
さめざめ 『さめざめ白書』 インタヴュー
9月5日都内某所。さめざめの笛田さおりさんにインタヴューいたしました。ああいう表現をなさるかたなのでどんなかたなのかな〜と思ってたんですけど、すごく笑顔の素敵な、小柄で可愛らしいお姉さまでした。スクリームさんもわたしも初めましてだったので、さめざめというものを探りつつ今回の作品について伺うという内容です。どうやら創作意欲をかきたてるためにインターネットをよく利用するという笛田さん。ツイッターは深夜がポイントで、女子の行き場のないつぶやきを見て、その子の気持ちを考えながら曲を作っていくこともよくあるそうです。

「共感してもらえるのがいちばん嬉しい」という笛田さん。なのでわたしも「よくわたしが読者さんから言っていただくのは、自分の思ってたことを言葉にしてもらった、ってことなんですよ」と言うと笛田さんは「ああ、それが何よりうれしいですよね」と。やっぱり笛田さんは自己表現をしつつ人の想いを汲みたいかたなんだなと思いました。だから笛田さんのお作りになる曲は、繊細なのに強かなんだろうなと思います。

記事はこちら
http://skream.jp/interview/2014/09/samezame.php


さめざめ/それでも生きなくちゃ
【2014.09.27 Saturday 11:37】 author : sayako oki
| 音樂(円盤) | - | - |
ねごと 『アンモナイト!/黄昏のラプソディ』 インタヴュー
8月16日都内某所。ねごとの皆さんにインタヴューいたしました。この日は丁度すぐ近くで花火大会で、花火の音をBGMにインタヴューでした。花火は見えませんでした。。笑

お会いするのは3回目、お話を伺うのは2回目ということで、少し距離が近づけたかな……? と思うのですがいかがでしょうか。相変わらずメンバーさんたちは可愛くて可愛くて! もうほんと、可愛くて……! テープ起こししててもその品の良さにきゅんきゅんしてしまいました。この日わたしが腱鞘炎で包帯を巻いていて、沙田さんが「腕どうしたんですか?」と。連日のテープ起こしでパソコン使ってて痛めちゃって〜と言うと、「わたしもギターで腱鞘炎になったことはないんですけど、(デモ作りで)ずっとパソコンいじってたときにそれっぽくなったことあります。やっぱパソコンだめっすね!笑」と沙田さん。女の子の品はあるのに、男の子っぽいところもあって。それがねごとの魅力のひとつだなーと思います。

インタヴューでは楽曲制作にかける想いを伺っています。「黄昏のラプソディ」名曲!

記事はこちら
http://skream.jp/interview/2014/09/negoto.php


ねごと『アンモナイト! / 黄昏のラプソディ』 Music Video Full Ver.
【2014.09.26 Friday 15:08】 author : sayako oki
| 音樂(円盤) | - | - |
folca 『GLAMOROUS』 インタヴュー
8月12日都内某所。folcaの皆さんにインタヴューいたしました。どうやらインタヴューを受けるのは初とのことで、貴重な機会をいただきました。メンバーさんとは同世代なのもあって、同世代トークができたかな?と思っております。でもひょっとしたら、folcaみたいなバンドだと、男性のライターさんのほうが男性の恋愛観などもあって面白いのかもしれないな〜なんて思ったりして。男心を垣間見るようなインタヴューでした。

すごく人間力というものにポリシーや重きを置いているfolcaの皆さん。これからどんどん深くなるであろう音楽性がとても楽しみです。「腰にくるグルーヴ」と「恋愛は人間にとっていちばん激しいコミュニケーション」というわたしの言葉をえらく気に入っていただき、動画コメントにも使っていただきました笑 アルカラ主宰のくだけねこレコーズ第1弾アーティスト!

記事はこちら
http://skream.jp/interview/2014/09/folca.php


folca 『GLAMOROUS』 SPOT
【2014.09.26 Friday 14:59】 author : sayako oki
| 音樂(円盤) | - | - |
LiSA 『BRiGHT FLiGHT / L.Miranic』 インタヴュー
8月8日、LiSAさんにインタヴューいたしました。あにーさんといい、ガラシさんゆーまおさんwowakaさんといい、cinema staffといい、わたしも縁を持つアーティストさんとも交流の深いLiSAさん。ずっと機会がないまま音楽には触れていなかったのですが、この機会にようやく!! 出会うことができました!! お台場で開催されたLiSAさん出演のめざましライブ終わりに、楽屋の一角をお借りしてインタヴューいたしました。

インタヴューさせていただくにあたり、LiSAさんのことをスクリームさんの読者さんに知っていただくためにはどうしたらいいかな? と思い、いろいろ悩んだんです。ナタリーさん初登場のインタヴューも読んで、それを踏まえて出した答えは「LiSAのパンク観を探ろう」でした。なのでバイオグラフィを辿りつつも、LiSAさんのパンクや音楽にかける想いを知ってもらうような言葉をお聞きしたつもりです。それをするにあたり、わたしもすっごい勉強してったんですけど、するとLiSAさんは「えっ、なんでそんなに知ってくれてるんですか!?」の連続……笑 でも初対面のわたしにもすごく気さくにいろんなことを答えてくださいました。凛としている、という言葉がとても似合う、笑顔の素敵な女性です。

最後、日本武道館ライヴについて伺いうと「楽しみにしてていただきたいですね」というLiSAさんに対して、わたしが「期待しかしないでねっ、てことですね」とLiSAさんお馴染みの台詞を使って言うと「取られた〜!!!」と笑いながらスタッフさんに言うLiSAさん笑 一同爆笑! そのLiSAさんがめちゃくちゃ可愛いかった! 一気にファンになってしまいました。

長年のファンのかたにもLiSAさんを知らないかたにも楽しんでいただける内容になったと自信を持って言えるので、是非お読みください!

記事はこちら
http://skream.jp/interview/2014/09/lisa.php


LiSA 『L.Miranic -MUSIC CLIP short ver.-』
【2014.09.26 Friday 12:11】 author : sayako oki
| 音樂(円盤) | - | - |
リベラリドル 『liberalismの足跡』 インタヴュー
8月10日都内某所。リベラリドルの皆さんにインタヴューいたしました。神奈川県大和市発のエモーショナルマスロックバンド! 音楽媒体でのインタヴューは初めてとのことで、ICレコーダーを出すと「おお!」と言うメンバーさん笑 KO-YAさんが指を怪我なさってしまっていて、ライヴができないならCDを全国流通させよう!というそのパワーは、普通のバンドではできないチャレンジだと思います。すごく純粋な皆さんで、全然すれてなくて。メンバーさん同士もすごく仲が良くて、本当に青春真っ只中って感じがしました。高校生のときからきっとみんなこんな感じなんだろうなって。すごく素敵な関係だな〜と思いました。

サウンドはブルエン好きにもおすすめ!! MVチェックしてみてください◎

記事はこちら
http://skream.jp/interview/2014/09/liberariddle.php


リベラリドル『answer』公式MV


リベラリドル 1st mini album「liberalismの足跡」トレーラー
【2014.09.26 Friday 11:57】 author : sayako oki
| 音樂(円盤) | - | - |
 
著者近況
▼ようこそいらっしゃいました! こちらはフリーランス音楽ライター沖さやこによる個人ブログです。熱量を大事にしながら、嘘をつかずに文章を綴っています▼「本音で語る音楽人」をテーマに掲げた音楽系ウェブマガジン「ONE TONGUE MAGAZINE(ワンタンマガジン)」を運営しています。自主制作なのでお金は絡んでません▼書くお仕事頂けたらとても嬉しいです。詳細はプロフィールをご覧くださいませ

【動作確認】
・Google Chrome

LINE@

管理者ページ



携帯電話閲覧
推薦作品
推薦作品
スペースシャワー列伝~宴~
スペースシャワー列伝~宴~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, MO’SOME TONEBENDER, NAHT, 怒髪天, fOUL, キセル, YOGURT-pooh
 
【エレキのグルー】にしびれていいかい
 
推薦作品
 (JUGEMレビュー »)

テンションだだ上がり
 
推薦作品