「音」楽に「専」らのめりこみ「満」足と「充」実を多視点から伝えるブログ
 
ただより高いものはない
ワンタンマガジンは取材するお相手からお金をいただいていません。

金銭の授受がないということは、対等な関係と言うことです。だからわたしもいい記事を作るために結構自分の意見を強めに言います。でもこちらのやりたいようにしたいわけではなく、お互い意見を出し合って一緒にいい記事を作りたいと思っています。

だから、「まあ無料だし」だけのテンションで来られちゃうと結構しょんぼりしちゃう。お金は発生してないし、わたしも利益は求めてないけれど、普段わたしがお金を稼いで生活をしている技術を無料で使っているということはわかってもらいたい……と思ってしまうのです。当たり前ですが、ワンタンマガジンの取材を入れていたら、その時間にわたしはほかの仕事を受けられません。わたしの時間を使っているということもわかってほしいのです。少ない金額or大したものではありませんが、カメラマンさんにもお礼はお渡ししています。

ワンタンマガジンというメディア自体に拡散力はないかもしれません。でもわたしはライターだけで生活しています。アルバイトもしていない、書くことだけで生活しています。そのプライドはあります。べつに見返りを求めているわけではないけれど、それを「まあ無料だし」のテンションでやられちゃったり、「全部こっちのスケジュールに合わせてくれなきゃ困ります」みたいな姿勢で来られちゃったり、歩み寄りがないと、やっぱりしんどいです。

わたしは商業メディアでできないことをやりたくて、面白いこと、たのしいことをしたくてワンタンマガジンを始めたんだけど、それらの理由でたまにたのしくなくなっちゃうことがある。……という愚痴っぽいブログになっちゃいました。すみません。

愚痴らせてもらったぶん、明日からすっきりした気分で仕事しよう。そんでもって人間力上げていこう! やっぱ人間力高い人はかっこいいもんね。自分がかっこいいと思う人になりたいなあと思います。日々しょーじん!
【2018.02.18 Sunday 02:34】 author : sayako oki
| 閑話/寫眞/取材記 | - | - |
財布と生活


2007年。専門入学直前に1万円の白い革財布(銀のドット入り)を買ったら、使い始めて3ヶ月くらいで銀が変色し、白い部分も汚れてきた。「白い財布はあかんし、中途半端な安物もあかんわ」と思った23歳のわたしは、その年の夏にヴィヴィアンの財布を長財布を買った。本当はもっと気に入ったデザインがあったのだが、23100円が限界だったし、それも予算オーヴァーだった。

わたしは音楽媒体で働くことを目標に専門学校に入学した。当時は伊豆高原に住んでいて、そこから西新宿のはずれの学校まで新幹線も使って片道3時間かけて通っていた。田舎に住んでいたからどこに行くにも財布が必要で、定期入れを落としたことがきっかけでPASMOも財布に入れることにした。財布にはバファリンもお守りも絆創膏も入れてある。無意識のうちに「財布がひとつあればどこへ行くにも安心」という状況を作っていた。

だがその財布、2017年の春ごろからファスナーの布の部分が破れてきたり、閉まりも悪くなり、本革の部分はめくれてきたりと、ガタがきはじめた。それからというもの、新しい財布を探すためこまめに丸井と伊勢丹を覗くようになった。だがいつ見てもどの財布もどうもピンと来ない。めちゃくちゃ魅力的なものがふたつあったが、それぞれ12万円と8万円だった。貧乏人には無理無理。それならいいイヤホン買うわ。

そんなこんだで10ヶ月ほど経ち、今年の1月中旬にファスナーの一部分が壊れ、1月30日にはとうとう完全に現金入れのファスナーがすべて閉まらなくなってしまった。というわけで次の日、丸1日かけて新しい財布を探した。丸井伊勢丹西武京王小田急といった百貨店やアウトレットを見て、グッチコーチプラダバーバリーアナスイサマンサタバサなどなど本当にいろんなところの財布を物色し、最終的に結局またヴィヴィアンに落ち着いた。

家に帰り、壊れた財布から新しい財布に中身を移す。ひと通り移し終えて、ふと10年半使い続けた財布に目をやる。その財布を使っていた10年半のことが鮮明にいろいろと思い起こされた。専門学校時代の同期の顔も、いまは疎遠になってしまったあの人たちの顔も、旅行に行ったときのことも、待ちに待ったCDを買うときにこの財布からお金を取り出したときのことも、楽しかった飲み会のことも、本当にいろんなことが蘇ってきた。

中身がなくなって薄くなった財布は、なんだか急に生気がなくなってしまったようで、これまでよりもボロボロ具合も汚れも際立って見えた。職務を全うし満身創痍で現役引退するという事実は、がむしゃらに夢を追いかけ続けた専門学校〜若手ライター時代の青春の終わりを告げられたような感覚にもなった。(でも専門学校生時代に買ったiPod classicがまだ現役だけど!)

この財布と生活をともにした10年半という時間は、自分の人生のなかでも非常に濃く特別な時間だった。これからの日々もそう思えるものにしたい。まずはこの新しい財布のクレジット一括払うミッションというエピソードゼロを乗り越えてからですかね。
【2018.02.01 Thursday 14:51】 author : sayako oki
| 閑話/寫眞/取材記 | - | - |
熱いわりにドライ
完全に自分の話なので、読まなくて全然オッケーのブログです。言葉にして発信しないと心情が整理できない&前に進めないという厄介な性分でして。。

親しい人から「他人に興味がないでしょ」、家族みたいな存在で大好きだった友達からは「人を好きになったことある?」と言われるほど散々なわたくし。言われた当時は反論したけど、いま落ち着いて考えてみると半分当たりで、半分違うかなあと思います。

そのへんの性質はライターのスタンスにも反映されていて、わたしのアーティストに対する「好き」という気持ちは、超上から目線みたいだけど「評価する箇所がある」と「尊敬できる」という気持ちとイコールです。だからたまに「誰推しなんですか?」とか「メンバーの中で○○が好きなの?」とか「○○くんのこういうとこ超かわいいですよね」とか言われると「え????????」と思ってしまうのです。わたしの推しは安住アナと大倉忠義だけだし(10代のときから好き&ふたりともいまも仕事に関係ないので)、それでもそんなに熱心に出演番組チェックしているわけでもないし、最近は関ジャニ∞も箱推しになってきました。

こういうこと言うと、ドライだね〜つまんないやつだね〜可愛くないね〜と言われたりするのですが。もちろん人として友好関係を築けることは超幸せだし、関わっている方々全員ごはんや飲みに行こうと言われれば喜んで行きます。仲良くなるのは大歓迎だし超うれしいけど、虎視眈々と「仲良くなりたい」と狙っている要素は皆無なのです。仕事に必死でそんなこと考える余裕ないです。アーティストに限らず関係者さんもそうだし、これまでの学生生活やアルバイト先でも同じような感じ。アルバイト先の人とは友達にすらなれない(友達になっちゃうとバイト先でどういう振る舞いをすればいいかわからない)くらいだったから、だいぶ緩和したと思います。

たまに「立場を利用して近づこうとしてる」みたいに言われたりして、もう勘弁してくれよ!という気持ち。30過ぎてからだいぶなくなったけど、いまでもたまに言われるので落ち込む。年齢とか関係なく、わたしはそのアーティストの魅力をひとりでも多くの人に伝えたいだけなのです。わたしが「いい」とか「好き」と発信するだけで興味を持ってくれる人も(少ないとはいえ)いらっしゃるので、それなら発信していきたいし。なにより単純に、お世話になっている人たちの力にはなりたいですよね。自分のできるだけの力を注ぎたいし。

私生活と仕事は分けたいタイプなのですが、友達から「沖ちゃんの場合はそれも全部仕事のため……というか書くためだよね」と言われたことがあります。私生活を充実させるのは仕事で得られない刺激を得て、それを書くことに還元するためだと。いろんな人と話したいと思うのもそうだろうと。あー、確かにそれはあるかもしれないなあ、と思ったけど、わたしほんと人を利用している非情な人間な感じがしますよね。もちろんその人を大事にしていることには変わりないんだけど、生活の主軸が書くことなのは間違いないから。

ということもあって「他人に興味がない」や「人を好きになったことあるの?」と言われたことにも、時間が経ってちょっと納得してしまったのです。他人に興味がないことはないし、人を好きになったこともありますけどね!

いいと思ったアーティストは全力でいい部分を評価して微力ながら広めていきたいし、文章を通して読者さんとコミュニケーションしていきたいし、自分の文章や取材でアーティストさんに刺激を与えられたらうれしい(印象に残らないのがいちばん無意味だと思うから、ケンカしたいわけではないけど怒らせてしまうのもある意味アリだと思っている。嫌われるの怖がっていたらいいものも書けないし、いい取材もできないというのが持論です)。どんなに好きなアーティストにも最低1枚はピンとこないアルバムがあるのは当然だと思っているし、アーティストをリスペクトしているぶん、リスナーとしてのプライドも持っていきたいなと思うわけです。

というわけで今日も原稿を書きます。
【2018.01.05 Friday 14:22】 author : sayako oki
| 閑話/寫眞/取材記 | - | - |
年末のご挨拶
いつも記事を読んでくださっている皆様、SNSやメールでリアクションやメッセージを送ってくださる皆様、ライヴで声をかけてくださる皆様、アーティストの皆様、ご関係者の皆様、友人の皆様、家族、2017年も大変お世話になりました。ありがとうございます。

今年はスクラップ・アンド・ビルドな1年でした。5月から8月は何かに取り憑かれてるレヴェルで公私ともに生き地獄でした笑 ずっと大事に守っていた縁が壊れてしまったり、ずっと堅実に積み重ねていたものが一気に奪われてしまったり。絶望感しかなかったですねえ〜。生きた心地がずっとしなかった。

でも、疎遠になっていた縁がまたつながったり、新しい出会いがあったりと、なくなるだけではなかったのが救いでした。絶望感のなかでいろんなことを考えたし、自分がどういうスタイルで書いていきたいのか、自分がどうしていきたいのか向き合うことも多かったです。大人になればなるほど、なんとなくやり過ごすことが増えていくけど、なんとなくのまま生きていったら自分はだめになると思った。自分を見つめ直すいい機会だったのかなと思っています。

いろんなことに気付けた1年でした。それはいろんなことを乗り越えられたからだし、乗り越えることになったのは失うものが多かったからだと思います。つらかったし、いまもつらいけど、いい年だったし、幸せだなと思います。わたしがこうしてライターの仕事をするという夢を叶えているのは、関わってくださっている方々、かつて関わってくださった方々、みなさんのお陰だと心の底から思います。縁が途切れても、その事実は変わりません。ずっと忘れたくないし、ずっと大事にしていきたいことです。

乗り越えないといけないことはたくさんあるけれど、時には落ち込みながら、前向きにサヴァイヴしていきたいものです。青くさく真摯に謙虚にまっすぐ向かい合っていきたいと思います。長々独り言、申し訳ございません。お読みいただきありがとうございます。来年もどうぞよろしくお願いいたします!
【2017.12.31 Sunday 01:52】 author : sayako oki
| 閑話/寫眞/取材記 | - | - |
主観
音楽メディアで働くことを目指して音楽系の専門学校に入った。専門学校2年生の在学中にインターンとしてライターさんのアシスタントを始め、「ライヴレポート書いてみる?」と言われて生まれて初めてライヴレポートというものを書いた。その当時田舎住まいのわたしはライヴハウスに行くのも年に3回が限界だった。ライヴレポートを読むとライヴに行けないことが悲しくなるから、ライヴレポートというものを読んだこともあまりなかった。

ノウハウがわからないまま書いたライヴレポート処女作はぎったぎたに言われてボツになった。どんなことをぎったぎたに言われたのかは記憶から抹消したらしくさっぱり覚えていないが、そのとき言われた言葉で唯一覚えている言葉がこれだ。

「沖さんがどう思ったのか、どう感じたのか書かないと意味ないんだよ」

同じようなことを音楽評論家の講師にも言ってもらったことを思い出す。音楽について文章を書く世代の違うおふたりがこう言うのだから間違いないと思った。文章は「自分がどう思ったか」を書くことが正しいと信じた。それは自分自身の感覚を信じることでもあった。

でも誰もがそういう考え方を持っているわけではなかった。「沖さんの文章は主観が強すぎる」と言われたこともあるし、自分の主観の部分がオールカットされて世に出たこともある。「これじゃ載せられない」「歌詞について触れる必要はない」「あなたの感覚の比喩は要らない。もっとどんなジャンルなのか、どんな音楽に似ているのか書いてくれ」――自分の信じたことが真っ向から否定されることは少なくなかった。

自分はどういうものが書きたいだろうか? そう考えたとき、やっぱり自分なりにアーティストにスポットライトを当てたい、自分なりにそのアーティストの音楽を言葉で表したいということだった。そのとき「自分がどう感じたかを書くこと」は必要不可欠だった。「尊敬と配慮は忘れずに自分の主観を書こう。それで嫌われたなら仕方がない。相性が悪かったとしかいいようがない。当たり障りのないものが書きたいの? 違うでしょう?」。そう自分に言い聞かせながら書き続けてきた。

今日届いた編集さんからのメールにこう書いてあった。「沖さんの主観をいろいろ織り交ぜてほしい」。「好きな気持ちを存分に出してくれて構わない」や「自由に書いていただいて結構です」と言われることも多く、その答えとしてわたしは主観を書き続けてきたけれど、こんなにストレートに自分の主観を求められたのは、7年半の人生で初めてだった。何気ない一言だったと思うが、わたしはなんだかとてもうれしくて、涙があふれてきてしまった。

自分の主観が正しいとは思っていないし、間違っていてもいいと思っている。わたしの「わたしはこう思う、こう感じたよ」が、誰かの何かしらの刺激になることを願って、わたしは今日も文章を綴る。
【2017.11.25 Saturday 00:15】 author : sayako oki
| 閑話/寫眞/取材記 | - | - |
歌詞=
この前眼科で気球で視力測って、使ってる眼鏡の度数を調べられたあとに、人力の視力検査をしたんですけど、わたし片目0.02レヴェルのド近眼なもんで、裸眼を測るときには視力検査の盤面ではなく、看護師さんがランドルト環が描かれた紙を手に持って、それで測るんですよね。そんな感じで看護師さんに「わかりません」と言うと「だよねー、わかんないよねー笑」と言われ、「右……?」と答えると「えっ、意外と見えてるね!」と驚かれるという、いやいや確かにド近眼だけども患者相手にそのリアクション人間味あふれすぎやろ。楽しかったです。

今日は付き合いもまあまあ長くなるバンドにインタヴューをしました。わたしはもともと歌詞の意味とかを聞くのが苦手というか、なんか俗っぽくなるから好きではないんですね。もちろん込めた想いを話してくださるなら、それはとてもうれしいし「ああそういうことなのか」とも思えて面白いんですけど。自分から積極的に歌詞の意味を解剖していくことに興味がないんです。

それってなんでなんやろー、と自分自身に対してもずっと思ってまして。たぶん、ほんまに知りたいことなら、聞いてると思うんですよ。でも聞かないということは、やっぱそんなに知りたいと思ってへんねやろなーと。

そんで今日インタヴューをしていて思ったんですよね。歌詞って言葉じゃないねんな、音楽なんやなと。歌詞は音楽の一部とかではなく、歌詞そのものが音楽なんですよ。音でやっていることを言葉でやっているのが歌詞なんじゃないかと。

このギターの音は海みたいだね、とか言ったりすると思うんですけど、それとまったく一緒ですよね。その歌詞でイメージが膨らむとか、そういうのでいいと思うんです。

もちろん最後まで走り抜けて〜みたいな直球メッセージがドン!と乗った歌もあるし、そういう音楽の強さというものもあると思うんですよ。フォークソングなんてまさにその極みだと思うし、思想と言うものを伝えるツールとして音楽というのは持ってこいなんだろうなというのもよくわかる。

音楽というかたちのないもの、目に見えないものは、心というものにいちばん近い存在なのかもしれないなあと思ったりします。空気の振動だから、音というものは。言葉にしなくても伝わる気持ち、みたいな感じというか。歌詞も同じように、理解するというよりは、感覚で掴めるものでいいんじゃないかなあ、というかそういうものが素敵だなあと思ったりします。

ググればなんでも正解が出てくるこの時代、不確かなものがあってもいいんでないかい。その不確かさのなかで自分の大切な何かが見つけられたら、それは一生ものだなと思います。
【2017.10.20 Friday 19:00】 author : sayako oki
| 閑話/寫眞/取材記 | - | - |
心のノイズ
基本的にひとりなので、仕事で小さい違和感を覚えたときに、かしこまってではなく日常会話的にさらっと相談できる相手がいないというのは、結構しんどいものだなと思ったりする。

いまも小さい違和感があり、それがずっと小さいノイズのようにまとわりついている。歯に野菜の繊維が挟まっているような状態。そんなノイズを気にしていたら何もできないことも重々承知のうえだが、様々なノイズが積み重なって大きな音になったとき、人間は限界に達するのだと思う。ノイズは放置して消えることは少なく、寧ろ小さなノイズはどんどん大きな音になっていく。歯に野菜の繊維が挟まりっぱなしだとどんどん腐敗し歯を蝕んでいくのと似ている。

歯に挟まったら楊枝か何かで取り除くべきだし、毎日歯磨きをすることが虫歯予防にもなる。自分を守るためにも、自分の意見は言わなくてはいけないなと思う。もちろんそのときに相手への配慮は忘れてはいけない。

飲み込まれるのも、見て見ぬふりをするのも、放置するのも、とてもラクなこと。だがラクなことは必ずしも幸せなこと、楽しいことであるとは限らない。頑張ることや努力することは、我慢することではない。
【2017.10.19 Thursday 14:40】 author : sayako oki
| 閑話/寫眞/取材記 | - | - |
「わかりやすい」とか「読みやすい」とか
レヴューでもライヴレポートでもインタヴュー原稿でも「わかりやすい、読みやすい」と言ってもらうことが多い。これ、めちゃくちゃうれしいです。わたしは中学時代に音楽雑誌に目覚めた人間なので、過去の自分みたいな中学生の子たちにも受け取ってもらえるものにしたいと思っています。難しいことを難しく言うことに興味はないし、小難しく言うことは簡単です。わたしは10代の頃に純文学を読んで育っているのですが、純文学には無駄なものがなく、難しいのは言い回しではなく言葉で(誤謬、みたいな言葉自体の意味が難しい)。言葉の意味がわかればスルッとマロニーみたいに食べられる。わたしはそういうものが美しいと思う。わかりやすくて俗っぽくならない。これはわたしが原稿を書くうえでのテーマでもあります。むずかしいけれど。

インタヴュー原稿も読者さんやアーティストさんから「わかりやすい」と言ってもらうことが多くて、今日は編集さんから褒めていただけてめっちゃうれしかったのでうきうきして調子に乗ってこんなブログを書いています。すみません。わたしもアマチュアライターのころは喋り言葉をそのまま文章で再現して臨場感出そうとしていたところがある。でも書いていくうちに「こうしたほうが読みやすいかも」という方法を試していくようになりました。

それで1年くらい前かな? とあるインタヴュー記事を読んだんです。話し言葉をそのまま文字に落とし込んだ記事で、臨場感云々の前に「わ、読みづらいな」と思ってしまったんですね。わたしはその人と対面したことがないから本人のイメージは全然浮かばないし、読みづらいから言ってることが頭に入ってこないし。そのときに「臨場感を伝えたくて言葉をそのまま文字に落とし込むのはインタヴュアーの怠慢なんじゃないかな」と思ったのです。

読者さんは現場にいないわけで、話し言葉はもともと文章になるべきものではない。だとしたら、実際面と向かって話を聞いたライターが、発言者の言葉の温度やニュアンスを殺さないで発言者の話した言葉を文章というものに落とし込んで、なおかつその場の空気感を感じさせるものにするべきなんじゃないか。わたしはずっと、インタヴュー原稿において文章からもアーティストの人となりを感じられるものにしたい、読者さんがわたしと一緒にアーティストの話を聞いているものにしたいと思ってきたんだけど、そのために必要なことを気付かされた感覚がありました。

それに気付いてから、わたしのインタヴュー原稿は変わった(というよりは洗練された)と思っています。1年前に書いたインタヴュー原稿をこの前読み返したら結構読みづらくて、うわー恥ずかしいー修正させてほしいーという気持ち。

アーティストの伝えてくださった言葉の核心をちゃんと文章の前面に出せるような原稿にしたいな〜と思っています。頭と感性をフルに使う仕事だから、まじでやりがいあるんですよね。仕事すればするほど寿命が縮まっている感覚すらするし、それが気持ちいいなと思っちゃう。んー、しがみつきたいな。がんばります。
【2017.09.16 Saturday 00:53】 author : sayako oki
| 閑話/寫眞/取材記 | - | - |
ONE TONGUE MAGAZINE 記事後記 〜Made in Me.編
地方でも東京でもない“横浜町田”で生まれる若者のリアルなクリエイティヴィティ――3ピースバンドMade in Me.が持つローカルのプライド
http://one-tongue.net/2017/09/07/3158/

本日、ワンタンマガジンでMade in Me.のインタビュー記事をアップしました。ワンタンマガジンでは初めての地の文+発言タイプの記事です。地の文+発言タイプの記事はあんまり長いインタヴュー記事に向かないかな? というところもあるので、いつもはQ&Aタイプにするんだけど、ちょっとした事情がいろいろありまして。

実はこちらのメンバーさんの回答は、わたしがメールで送った質問に対してメンバーさんがメールで返信してくださったものなのです。すなわちメールインタヴューですね。わたしもお仕事でメールインタヴューよくやるんだけど、正直言うとメールインタヴューが記事になるのがどうも苦手なんです。Q&Aタイプなのに、なんかちぐはぐで違和感があるじゃないですか? わたしだけかな? だからワンタンではあまりそれをやりたくないな……って感じがして、じゃあ地の文+発言タイプの記事にしよう、と。メールの返信を地の文+発言タイプの記事にしたのは、過去にcinema staffのDVDにまつわる原稿でやったことがあったので、そのメソッドを利用しました。

Q&Aタイプの原稿はライターがどれだけ裏方になるか(どれだけちゃんとインタヴュイーにスポットを当てられるか)も大事になってくるんだけど、地の文+発言タイプの原稿は、ライターの文章力が試される部分も大きいです。だから「インタヴュー記事ならば、地の文+発言タイプこそライターの仕事だ」という方々もいらっしゃいます。というのもあり、いつもと違う気合いが入りました。おまけにこれだけ長い地の文+発言タイプの原稿を書いたのは、駆け出しのときに恩師の冊子に寄稿したとき以来だったので、結構体力を使いました。でも書いているときの興奮と、書き上げたときの達成感はものすごいな〜。それもこれも、心のこもったお返事をMade in Me.のみなさんがしてくださったからです。本当にありがとうございます。

Made in Me.はわたしがたまたまYouTubeの自動再生で辿り着いたバンドです。「19hours」という曲の衝撃が強すぎて、それ以外のYouTubeにアップされている曲を全部聴いて、「ほかの曲もいいな」と思いすぐコンタクトを取りました。そのちょっと前に「わたしはバズる売れるバンドを探したり当てたりプッシュしたいんじゃない。自分がいいと思うバンドのCDを聴いてほしい&ライヴに行ってほしいだけなんだよな」ということをちゃんと自覚したタイミングでもあったので、それをただ衝動的に実行しました。

いまオーバーグラウンドに存在するものも、すべてはアンダーグラウンドから始まっている。頭ではわかっていました。だけど東京以外のアンダーグラウンドにこれだけ強い意志が通っている空間があることを目の当たりにし、一人ひとりの自主性や、そこでしか感じられない想いが爆発を肌で感じ、わたしは強い刺激を受けました。

遠征の地に選ばれない町田、全国ツアーでスルーされがちの横浜。まだ詳しく知らないわたしがこんなことを言うのはおこがましいと思うけれど、「こんなに素敵な世界があるんだよ」という高揚を、新鮮なうちに、熱いうちに伝えたかったのです。全然有名なライターでもないし、影響力もないけれど……。でもネームバリューではなく文章そのものを認められてきたというプライドと、文章そのものを認めてくださる方々がいらっしゃるという感謝の気持ちのふたつがあるから、この記事を読んでほしいです。いいと思ったら記事を広めてほしいです。

Made in Me.の活動の面白さを伝えたいという気持ちもあるし、あなたの住む街のアンダーグラウンドにも同じような場所があるかもしれません、というメッセージでもあります。わたしの住む小田原にもね。

この記事がひとりでも多くの人に届くことを願っています。
【2017.09.07 Thursday 18:35】 author : sayako oki
| 閑話/寫眞/取材記 | - | - |
わたしにとっての「このアーティストが好き」とは(ただの自己分析)
わたしはずっと、ライターや編集者が原稿に「好き」という感情をこめることにもやもやした気持ちをおぼえていました。好きってなんなんやろ〜と中学生よろしく悶々とする日々。好き好き全部が最高!って気持ちが溢れた記事を読むと正直「うっ」と思うし、終始ハートの目で見たことを綴った文章読むと「ライターがこんなに盲目的でいいんやろうか」と疑問に思うところがずっとあったんですよね。でもわたしの原稿もよく「愛がある」と言われるし、「じゃあお前は好きって気持ち持ってないの?」と言われたらそんなことはない。大好きなバンドはたくさんいます。一体これはなんなんだろう? この気持ちはどうしたらいいんだろう? と、ずっと悩んでいました。

じゃあわたしにとっての「好き」って何かと言うと。尊敬する年下のライターさんと話していて気づいたんですけど、「そのアーティストに評価できる箇所がある」ということなんですね。めっちゃ上から目線で何様だよ!と思われると思うけど、わたしはライターの仕事って報道することでも感想文を書くことでもなく「評論」だと思っています。わたしの場合はその「評価できる箇所の多さ」が、「好きな度合い、尊敬する度合い」と比例している。わたしの「好き」はラヴではなくリスペクトなのでしょう。

たとえばわたしが好きなバンドというと、ねごとは昔から好きだけど、メンバーそれぞれの個性が立ち始めた2〜3年前からめきめきかっこよくなっているので、それからさらに好きなんですよね。ねごとはいまがいちばん好き。People In The Boxも昔から好きだけど、特に『Citizen Soul』以降に音楽的な広がりを感じているので、そこからさらに好きになっています。毎回作品のたびに新しい価値観をもたらされているし、そのときその場所そのモードでしかできないライヴをするところも興味深いし、本当にすごいと思う。毎回間違いない作品だろうと思いつつ、いいと思ってたまるか!という謎の対抗心もあります笑 だいたい「やっぱピープルすごいわ……」と唖然とする結果になるんだけど。

好きだから評価しているわけではないし、評価しているアーティストに評価できない箇所もある(もうちょっとこの曲のアレンジどうにかなったんじゃないかとか、もう少し曲に寄り添った演奏ができたんじゃないかとか)。そして評価できるポイントが減れば自然と「好き」の度合いも減るなあと最近実感しております。大好きで尊敬しているアーティストは人となりも尊敬できる方々ばかりです。表現にはそのときそのときのそのひと個人の生き様が滲むものだと思っています。

わたしは体温や血が通う、心にある喜怒哀楽すべてがすみずみに込められた表現を評価したいしそういうアーティストを尊敬しているし、向上心を持って作品やライヴのたびに進化する&ハングリーに表現を磨き続けるアーティストを評価したいし尊敬しています。どこに評価の重きを置くかもライターの個性だし、そこがアーティストとライターの相性でもあると思います。そのアーティストと仲がいいから、アーティストに嫌われたくないから好かれたいから評価するのは、まじで不純だしかっこ悪いし、なにより相手に対して不誠実ではないかな。自分にとっても不健全で、メリットにならない。

誠意を持って伝えても嫌われたらもう仕方がない。そういう覚悟のもと、わたしはこれからもこの仕事をしていきます。なによりも謙虚さと素直さは忘れずに!!!!!! でもここ3ヶ月くらい仕事がまじで暇で廃業の危機ってことは、この考え方が間違っているのでは……と思ったりするんですけど苦笑 自分を信じて踏ん張っていこうと思います。
【2017.08.26 Saturday 14:49】 author : sayako oki
| 閑話/寫眞/取材記 | - | - |
 
著者近況
▼ようこそいらっしゃいました! こちらはフリーランス音楽ライター沖さやこによる個人ブログです。熱量を大事にしながら、嘘をつかずに文章を綴っています▼「本音で語る音楽人」をテーマに掲げた音楽系ウェブマガジン「ONE TONGUE MAGAZINE(ワンタンマガジン)」を運営しています。自主制作なのでお金は絡んでません▼書くお仕事頂けたらとても嬉しいです。詳細はプロフィールをご覧くださいませ

【動作確認】
・Google Chrome


管理者ページ



携帯電話閲覧
推薦作品
推薦作品
スペースシャワー列伝~宴~
スペースシャワー列伝~宴~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, MO’SOME TONEBENDER, NAHT, 怒髪天, fOUL, キセル, YOGURT-pooh
 
【エレキのグルー】にしびれていいかい
 
推薦作品
 (JUGEMレビュー »)

テンションだだ上がり
 
推薦作品